子宮内膜着床能検査(ERA)のご案内

当クリニックでは、反復不成功や着床不全の患者様に子宮内膜着床能検査
(ERA=Endometrial Receptivity Analysis)をご案内しています。

子宮内膜着床能検査(ERA)は、良好胚を複数回移植しても着床しない、反復着床不全に対する検査で、着床に最適な時期、いわゆる『着床の窓』を調べることを目的に行います。
胚と子宮内膜の『着床の窓』のずれが起きているかどうかを調べることで、最適な移植日を決めることができます。

子宮内膜着床検査の(ERA)の詳しい説明は コチラ

検査方法

検査は、子宮内膜の組織を遺伝子レベルで解析して行います。ですから、移植周期と同じようにホルモン補充行い、黄体ホルモン投与5日後に子宮内膜の組織を採取します。
具体的には、エコーで子宮や子宮内膜を確認し、専用の細い管を子宮内へ挿入して診断に必要な微量の組織を採取するのです。ERAの周期に胚移植はできません。

  • 検査結果により着床のずれを調整した場合、胚移植での妊娠率が約25%向上しています。
  • 出血や痛みの少ない検査のため、麻酔は使用せずに実施できます。
  • 採取した組織は、検査会社から海外へ空輸されるため、結果は2~3週間後となります。

検査費用

約¥150,000~(税別)
※薬剤、超音波検査、ホルモン検査、は上記の金額に含まれておりません。
※ERAは、非常に稀ですが、検体(組織)不良で再検査となる場合がございます。
その場合、ERA検査の料金は無料ですが、エコー、投薬等の費用は必要となりますので予めご了承ください。