田園都市線世田谷区三軒茶屋ウィメンズクリニック不妊治療レディースクリニック|不妊治療

田園都市線世田谷区三軒茶屋ウィメンズクリニック不妊治療レディースクリニック|不妊治療

不妊治療について初めての方や不妊症かも? というご不安を抱えてお悩みの方など、一人でも多くの患者様のサポートができるよう、当院では患者様お一人お一人に合わせた検査・治療を心がけております。 また、日々進歩している不妊治療に対し、当クリニックでは最新の医療技術を取り入れ、一般不妊治療から高度生殖医療までをご提供できる検査・治療環境を整えております。

一般婦人科

・タイミング治療
排卵日を予測してその日に性行為を行うことで、排卵と性行為のタイミングを一致させる方法です。 自然に妊娠する可能性が高くなります。
・排卵誘発
排卵が正常に行われていないことが判明した場合に、薬で排卵をコントロールする治療法です。 薬物は内服薬から注射まで、さまざまな種類があります。
・ホルモン療法
ホルモン剤を投与することで、月経周期を整え自然に妊娠しやすくなるように促す治療法です。 妊娠をつかさどるさまざまなホルモンのバランスを整えることが目的です。
・不妊漢方医療
不妊症の多くの症状を改善する効果がある、漢方薬を処方して行う治療法です。原因がはっきりしない場合でも行えるため、広く実施されています。

生殖補助医療(ART)

・人工授精
精子を子宮の中に直接注入して、受精を促す治療法です。排卵日を狙って行うことで、受精する確率を高めることができます。
・体外受精ー胚移植法(IVF-ET)
卵子と精子を体外で人為的に受精させて、受精卵が胚になったところで子宮に移す方法です。 人工授精でも効果がない場合によく行われます。
・顕微授精(ICSI)
顕微鏡下で1個の卵子の中に1個の精子を直接注入して受精させて、子宮に移す方法です。精子の運動率の低いケースや精子の少ないケースに行います。
・精子・胚凍結
体外受精等で精子や胚を、液体窒素で凍結させて保存しておくことです。特に胚凍結は、子宮着床障害の治療等にも活用することができます。
・凍結胚移植
凍結保存しておいた胚を解凍して、子宮に移すことです。ただ移すだけではなく、子宮の中やホルモンの条件を整えてから行うことが一般的です。
・アシステッドハッチング(孵化補助)
胚を子宮に移す前に、胚の透明帯を薄くしておいたり破っておいたりして、 子宮の中で着床が成功する確率を上げる方法です。
・レーザーアシステッドハッチング(LAH)
・タイムラプスによる胚培養
・シート法二段階胚移植

生殖補助医療(ART)

・HMG注射
排卵誘発剤としてLH・FSH=1:1の割合で含まれている卵胞発育のための注射(筋肉注射)です。卵胞の発育程度により、75単位に減量する場合、300単位に増量する場合があります。高刺激周期では通常300(255)単位を連日、低刺激周期では150(75)を隔日注射します。
・ゴナールF注射
自己注射用(注射量が調整できるペン型/腹部皮下注射)としてご本人にお渡ししています。ゴナールFはrFSH製剤ですが、卵胞発育に対する効果はほとんどのケースでHMG注射とほぼ変わらないといわれています。
※ただし、ゴナールF 1本が450単位ですので1日37.5を基準量にします。
・クロミッド
低刺激周期の、月経5日目より1日2錠朝夕で5日間使用します。作用機序は視床下部で内因性エストロゲンと競合的に受容体と結合してGnRH分泌を促し、結果、下垂体からのFSHとLHの分泌を増やして卵巣を刺激する、「排卵誘発剤」といわれています。
・セキソビット
視床下部の脳下垂体に働きかけ卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌を促し、卵胞を発育させます。卵巣過剰刺激症候群や頸管粘液減少、子宮内膜が薄くなる等の副作用が少ないマイルドな排卵誘発剤です。服用は月経周期の3日目もしくは5日目から1日6錠を、5日間続けて飲むことが一般的です。
・ブセレキュア
下垂体でのゴナドトロピン受容体を抑制して視床下部からのGnRHが作用しなくなるため、LH及びFSH分泌が抑制されます。通常は子宮内膜症の治療において使用されています。
※使用開始直後は一時的にリバウンドを起こしてLH、FSH分泌が増加します(フレアアップ現象)ので、それを利用してLHサージを起こさせ、最終的な卵子の成熟を誘導します。
・HCG注射
HMG注射は卵胞を育てるために使うものですが、HCG注射(成分はヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)は、育てて大きくなった卵胞を排卵させるために使う注射です。
HCG注射をすると、通常注射のあと24~40時間くらいに排卵が起こるといわれています。この作用を利用して、タイミングや人工授精を行います。
低刺激周期:自然排卵に近く、マイルドに薬を使って卵胞を育てること。
高刺激周期:低刺激よりも多くの量や種類の薬を使って卵胞を育てること

不妊治療に関する費用

排卵+培養+胚移植
200,000円〜
顕微授精
50,000円
胚盤胞培養
30,000円
全胚凍結
180,000円〜
凍結胚凍結
100,000円〜
夫感染症
8,000円
緊急避妊
20,000円
精子凍結
20,000円
余剰胚凍結妊
30,000円〜
アシステットハッチング
20,000円
SEET
20,000円
人工授精(精子調査・エコー検査・抗生剤含)
18,000円
感染症 スクリーニング
13,000円

詳しくはお問い合わせください。
表示金額は税別です。