培養室からのご案内 Labo information

アシステッドハッチング(孵化補助)

レーザーで切開図
レーザー写真

受精卵は透明帯という膜に覆われています。分裂が進み胚盤胞へと成長すると、受精卵の内部に水分が蓄えられ内腔が膨らみ、透明帯は引き伸ばされ薄くなります。さらに成長すると透明帯に亀裂が生じハッチング(孵化)し、子宮に着床します。
アシステッドハッチングとは、透明帯が厚い、硬いなどが原因でハッチング障害を起こす可能性がある場合に、透明帯の一部を切開し、子宮に着床しやすくするように補助をすることです。
当院では、操作時間が短く、精度や安全性の高いSaturn5 レーザーシステムを使用し、アシステッドハッチングを実施しています。
ただし、受精卵の状態によっては他の方法を選択することもあり、オーダーメードでアシステッドハッチングを行っています。

アシステッドハッチング前

アシステッドハッチング前

アシステッドハッチング後

アシステッドハッチング後

回復培養後

回復培養後

三軒茶屋ウィメンズクリニック サイトマップ