卵巣刺激法「PPOS」 | 世田谷 不妊治療 三軒茶屋ウィメンズクリニック

三軒茶屋ウィメンズクリニックは田園都市線世田谷区の三軒茶屋の駅近にある不妊治療レディ—スクリニック19時まで受付| 卵巣刺激法「PPOS」

不妊コラム Infertility Column

記事一覧へ

卵巣刺激法「PPOS」
(2021.8月)


 新しい卵巣刺激法「PPOS(Progestin-primed Ovarian Stimulation)」をご紹介したいと思います。
 卵巣刺激法として、これまでお話してきた「ロング法」「ショート法」「アンタゴニスト法」「低刺激法」が一般的によく使用されていましたが、現在PPOSという新しい卵巣刺激法が広がりつつあります。特に重度の多嚢胞性卵巣(PCO)で卵巣過剰刺激症候群(OHSS)のリスクが高い人には第一選択となります。


 PPOSとは卵巣刺激の際に黄体ホルモン剤を併用する方法です。黄体ホルモンは排卵後の黄体から分泌されるホルモンであり、子宮内膜の着床環境を調整する妊娠成立に必要不可欠なホルモンと同時に、排卵抑制効果があります。当院ではデュファストン錠を使用しています。
 ご存知の通り、卵巣刺激中は排卵に注意する必要があります。「ロング法」「ショート法」では排卵抑制作用のあるアゴニスト製剤の点鼻薬を使用していますので、基本的には排卵しません。「アンタゴニスト法」「低刺激法」では卵胞がある程度発育するとアンタゴニスト製剤を追加する必要があります。しかし、アンタゴニスト製剤を長期投与すると胚質低下の一因にもなるので、開始時期を見極めることは良好な胚を得るために重要であり、これが患者様の来院回数が増える一因にもなっています。
 PPOSはアンタゴニスト法や低刺激法に黄体ホルモン剤を併用することでアンタゴニスト製剤を投与する必要がなくなります。その結果、アンタゴニスト製剤の長期投与による胚質低下を防ぐだけでなく、来院回数の減少、コスト削減にもなります。

 方法としては、月経開始2~3日目からFSH/HMGを連日注射し、卵胞を育てます。
一般的に注射開始日からデュファストン錠を内服します。

 次にメリット・デメリットを説明していきます。
《メリット》

  • ・治療開始前の準備期間が必須でないため、治療期間も短い
  • ・アンタゴニスト製剤に比べてデュファストン錠は安価なため費用が抑えられる
  • ・OHSSのリスクがある場合は卵子成熟をHCGを用いずにアゴニスト点鼻薬で行うことができる
  • ・採卵後にアンタゴニストを使用すればE2を抑制できOHSSを予防できる
  • ・通院スケジュールがアンタゴニスト法と比較して組みやすい

《デメリット》

  • ・デュファストン錠を使用するため、高温期のホルモン状態になってしまい新鮮胚移植が
    できない
  • ・アンタゴニスト法より1~2日刺激日数が長くなる傾向がある

 料金につきましては使う薬剤量にもよりますので、来院時にお尋ねください。

 初回は年齢やホルモン値などを参考に、最も合いそうな方法を選択しますが、実際にやってみなければわからない部分も多く事前に予想した反応にならないこともあります。

院長 保坂 猛

監修

保坂 猛
保坂 猛三軒茶屋ウィメンズクリニック院長
三軒茶屋ウィメンズクリニック開院以来、月経異常、子宮内膜症、更年期障害、婦人科ガン検診等の婦人科領域治療、また、一般不妊治療をはじめ、体外受精、胚移植、顕微授精、胚凍結などの高度生殖補助医療等をオーダーメイドにて提案産婦人科医として、患者様の心身への負担を軽減する最適な治療をご提供し、妊娠率向上にむけた取り組みをおこなっている。

●プロフィール
聖マリアンナ医科大学卒業後、産婦人科勤務
大田原赤十字病院勤務
聖マリアンナ医科大学産婦人科医長、聖マリアンナ医科大学産婦人科非常勤講師
ファティリティクリニック東京勤務を経て、
2011年2月2日三軒茶屋ウィメンズクリニック開院

●保坂先生の体外受精説明会はこちら