三軒茶屋ウィメンズクリニックは田園都市線世田谷区三軒茶屋にある不妊治療・体外受精(IVF)レディ—スクリニック| 40歳からの不妊治療

三軒茶屋ウィメンズクリニックは田園都市線世田谷区三軒茶屋にある不妊治療レディ—スクリニックです。
スタッフの目線で当院のご紹介をいたします。

40歳からの不妊治療

2014-07-28 テーマ:

みなさん、こんにちは!

院長の保坂です。

先日、『ママになりたい』という雑誌から、40歳からの不妊治療についての取材を受けました。

昨今、高齢出産、晩婚化、助成金などとともに不妊治療を受ける年齢についてのことがクローズアップ

されています。

年齢の上昇に伴い、妊孕性の低下、流産率の上昇、先天異常の増加などが知られています。

当院でも体外受精を受けられる患者様の平均年齢は39歳と上昇傾向にあります。

また、通院されている患者様で出産の最高齢は47歳です。

今回の取材の中で我々に何ができ、またすべきことを考え、どのような治療が必要かに加え、

個々の患者様との接し方、つながりを大切にしていこうと思い、この取材をうけました。

今後は、さらに皆様の成功のため日々努力していきたいと思います。

8月末に掲載の予定です。

—–

監修

宇佐美 恵子
宇佐美 恵子不妊症看護認定看護師
子どもを欲しいと願う女性やカップルのパワーに魅せられて、助産師から不妊症看護認定看護師の資格を取得しました。長年の経験を生かし、患者さまの検査やサポートと、お悩みやご相談にも対応したいと考えております。よろしくお願いいたします