三軒茶屋ウィメンズクリニックは田園都市線世田谷区三軒茶屋にある不妊治療・体外受精(IVF)レディ—スクリニック| 黄体補充療法について

三軒茶屋ウィメンズクリニックは田園都市線世田谷区三軒茶屋にある不妊治療レディ—スクリニックです。
スタッフの目線で当院のご紹介をいたします。

黄体補充療法について

2016-05-25 テーマ:

院長の保坂ですメガネ


当院では、体外受精~胚移植後には、黄体補充療法を行っております。


黄体補充が必要な理由としては、①採卵周期による下垂体抑制、②採卵による黄体機能不全に陥りやすいなどがあります。


使用するお薬は、

エストロゲンとして、内服や貼付

プロゲステロンとして内服や膣座薬

を使用します。


胚移植後2週間後に妊娠判定


陽性反応が出たら、1週間後にエコーで胎嚢を確認します。


そこから2週間後には胎児の心拍をエコーで確認します。


黄体補充はここで終了します。


いつまで黄体補充療法を行えば良いか諸説いろいろありますが、

当院では妊娠7~8週まで行います。


目安は胎児の心拍を確認した日までとしております。

—–

監修

宇佐美 恵子
宇佐美 恵子不妊症看護認定看護師
子どもを欲しいと願う女性やカップルのパワーに魅せられて、助産師から不妊症看護認定看護師の資格を取得しました。長年の経験を生かし、患者さまの検査やサポートと、お悩みやご相談にも対応したいと考えております。よろしくお願いいたします