三軒茶屋ウィメンズクリニックは田園都市線世田谷区三軒茶屋にある不妊治療・体外受精(IVF)レディ—スクリニック| 2016年の妊娠率

三軒茶屋ウィメンズクリニックは田園都市線世田谷区三軒茶屋にある不妊治療レディ—スクリニックです。
スタッフの目線で当院のご紹介をいたします。

2016年の妊娠率

2017-03-02 テーマ:

こんにちは! 培養室です!

当院のホームページにも掲載しいたしましたが、昨年の妊娠率を報告させていただきます。

 

去年、当院で胚移植された患者様の妊娠率を年齢別に算出させていただきました真顔

 

29歳以下      53.8%

30~34歳      59.6%

35~39歳      40.4%

40~42歳      30.5%

43歳以上      19.2%

 

となりました。

このデータについては、当院の体外受精学級でも説明させせて頂いております。

ご興味のある方は、スタッフにご遠慮なくお尋ねくださいませ。

併せて、体外受精学級のご参加もお待ち申し上げます。

 

これから、体外受精を考えている方は、このようなデータをご参考に治療を進めてられるよう、今後も報告させていただきたいと思います。

 

一日でも早く皆様がご妊娠できますよう、スタッフ一同更なる努力をしていきたいと思いますちゅー

—–

監修

宇佐美 恵子
宇佐美 恵子不妊症看護認定看護師
子どもを欲しいと願う女性やカップルのパワーに魅せられて、助産師から不妊症看護認定看護師の資格を取得しました。長年の経験を生かし、患者さまの検査やサポートと、お悩みやご相談にも対応したいと考えております。よろしくお願いいたします