スタッフブログ | 世田谷 不妊治療 三軒茶屋ウィメンズクリニック

三軒茶屋ウィメンズクリニックは田園都市線世田谷区の三軒茶屋の駅近にある不妊治療レディ—スクリニック19時まで受付| 22年02月

三軒茶屋ウィメンズクリニックは田園都市線世田谷区三軒茶屋にある不妊治療レディ—スクリニックです。
スタッフの目線で当院のご紹介をいたします。

2022年02月一覧

世田谷区の子宮がん検診

2022-02-18 テーマ:

こんにちは 受付です。
早いもので2月もあと10日となりました。

世田谷区の子宮がん検診の受診券が届いてる方、有効期限が3月末日となっております。
検診当日は出血があると検診が出来ません(月経等)。
また、受診券の有効期限が近づくと、予約が取りづらくなりますのでお早めの受診をお願い致します。

> この記事を読む

卵子凍結

2022-02-08 テーマ:

こんにちわ、看護部です。

最近、テレビやYou Tubeでアスリートが実施して話題の卵子凍結について書きます。

卵子凍結とは、正確には未受精卵子凍結のことです。

妊娠のプロセスには、卵子と精子が受精して着床するという現象があります。その、まだ受精していない卵子のみを凍結することを言います。

もちろん、卵子は女性の卵巣の中にあるわけですから、卵巣を穿刺して卵子を取り出し(採卵)、特殊な方法で凍結し、保管します。それは半永久的に保存可能です。

排卵してしまうと採卵はできません。また、卵子の受精能力は排卵後約24時間と言われており、排卵直前の成熟した卵子しか凍結することができません。未熟な卵子は、受精に適さないからです。

がん治療の前や、将来の妊娠のための卵子凍結ですが、当然リスクもあります。例えば、穿刺の際の臓器損傷の可能性や、採卵の前に投与する排卵誘発剤の副作用などです。

当院でも、十分なインフォームドコンセントの後、未受精卵子凍結を実施しております。HPをご参照の上、電話等でごお問い合わせくだ

> この記事を読む

院長の保坂です。

2022-02-02 テーマ:

院長の保坂です。
本日、三軒茶屋ウイメンズクリニックを開院して11年を迎えることができました。
これまでも多くの方々に支えられてきました。
感謝の気持ちを忘れずに、これからも皆様のために全力で取り組んでいきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

不妊治療に関して、4月からの体外授精の保険適応化に向けての準備をしております。
昨年末、日本産科婦人科学会PGT-A特別臨床研究施設としての許可を受けました。
実働に向けて準備を急ピッチで行なっております。

> この記事を読む