三軒茶屋ウィメンズクリニックは田園都市線世田谷区三軒茶屋にある不妊治療・体外受精(IVF)レディ—スクリニック| 【最新】新型コロナウイルス感染拡大防止に対する診療内容について

お知らせ

三軒茶屋ウィメンズクリニック
2020.04.06

【最新】新型コロナウイルス感染拡大防止に対する診療内容について

この度の新型コロナウイルス感染症に関しては、患者様やご家族の皆さまには、さまざまなご苦労、またご心配ご不安を抱えておられることとご推察いたします。

さて、4月1日付にて日本生殖医学会より、コロナウィルス感染症に関する不妊治療一時延期の推奨声明が(http://www.jsrm.or.jp/announce/187.pdf)出されました。

 

当クリニックといたしましては、本推奨声明を踏まえ理解すると同時に、患者様からは、ご家庭やお仕事の都合上、またご年齢等から延期治療をすることが難しいとのご声もいただいております。

こうした現状を十分に考慮した結果、基本的には採卵から胚凍結等の対応、およびERAや不育症の検査に関しても、通常通りの診療{初診対応含}を行う予定でございます。

ただし恐縮ながら、ご主人の同伴・お子様ずれの来院はご遠慮いただくとともに、個々の患者様と相談の上、凍結胚移植に関しては延期治療をお願いする意向です。

つきましては、この状態が1日でも早く終息することを願いつつ、より安心して妊活・不妊治療がおこなえる環境を整えてゆく所存です。

ご不安な点があれば、何なりとお申し付けお問い合わせください。

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

三軒茶屋ウィメンズクリニック

院長  保坂 猛