三軒茶屋ウィメンズクリニックは田園都市線世田谷区三軒茶屋にある不妊治療・体外受精(IVF)レディ—スクリニック| Q2 不妊治療や妊活は、どのように進めていくのでしょうか。

お知らせ

三軒茶屋ウィメンズクリニック
2019.12.25

Q2 不妊治療や妊活は、どのように進めていくのでしょうか。

まずは、以下の確認事項等を患者さまと十分に話し合い、様々な角度から考慮した上で、治療方針等を決めてゆきます。

  • 基本的な不妊治療の説明をおこなうとともに、患者さまのライフスタイルや身体状況等を相互に理解し合います。
  • 通常の夫婦生活があり、結婚後2年以上経過しているかどうか。
  • 明らかな不妊原因があるかどうか。そのために、ご夫婦に十分な問診をおこないます。
  • 当院を受診する以前に他のクリニックで治療を行っていたかどうか、行っていたのであればどのような治療をどのくらいの期間行っていたのかを確認します。

などなど・・・

ケーススタディ

結婚後2年以内で、問診や検査で明らかな不妊原因が見出せないケース

基礎体温の計測を開始し、タイミング法から開始するのがよいでしょう。
タイミング法は、排卵日がそろそろ近いと思われる時期に来院していただき、超音波検査で 卵胞(排卵が近づくとともに卵巣に作られる卵子を含んだ嚢胞)の大きさを計測します。双 方の所見をあわせると排卵日をかなり正確に診断できるので、排卵日に合わせて性交渉を持 ちます。タイミング法は原則として、6か月程度をめどに行います。これで妊娠に至ら ない場合は、人工授精へのステップアップを考慮します。

年齢が30代後半かつ不妊期間3年以上で、不妊原因が見出せないケース

人工授精を考慮しつつ、早めのステップアップをおすすめします。
自然妊娠は、その90%が結婚後2年目までに成立しています。一方、4年目以後では自然妊娠 されるご夫婦はかなり少なくなり、5年目以後の自然妊娠は非常に稀になります。不妊期間が 長いご夫婦や妻の年齢が高いご夫婦では、妊娠の可能性が低いタイミング法のために費やす 6か月は無駄になってしまう可能性があり、直ちに人工授精から開始するのがよいと思いま す。人工授精の回数は原則6回としていますが、特に40歳以上では人工授精を3回程度にとど め早めに体外受精にステップアップすることも考慮されます。

他院で治療を行っていた場合

他医療機関での治療内容を十分に精査させていただいた上で、治療をステップアップ がよいのか、手術を(子宮筋腫や卵巣嚢腫の摘出)がよいのか、などの判断をさせていただきます。

治療の流れ

治療の流れ(下記フローチャート参照)としては、まず基本検査をします。そして基本検査で異常 が見つからなければ、排卵と射精のタイミングをより正確に合わせるタイミング療法をします。 だいたい2~3ヶ月をメドに、結果が出なければ次は排卵誘発(卵巣を刺激して卵胞を多く 成熟 させる)をするという具合に、手段を変えていきます。それを「ステップアップ治療」と呼んでいます。 それでも結果が出なければ、人工授精(精子を子宮に入れる)→体外受精(卵子に精子をふりかける) →顕微授精(卵子の中に精子を入れる)と、手段や方法をより高度なものに変えていきます。
ステップアップ治療というのは、ある治療をして、それに対して結果が出るかどうかで判断するもので、 他の病気の治療とは根本的に違います。どのくらいで次に進むかはドクターや患者さまによりいろいろ ですが、一般的に5~6周期でステップアップし、2年以内に結果を出すことが望ましいとされています。

治療の流れ(フローチャート図参照)