不妊治療

不妊治療について初めての方や不妊症にご不安の方へ。

一人でも多くの患者様のサポートができるよう、当院では患者様お一人お一人に合わせた検査・治療を心がけております。 また、日々進歩している不妊治療に対し、当クリニックでは最新の医療技術を取り入れ、一般不妊治療から高度生殖医療までをご提供できる検査・治療環境を整えております。

  • 一般不妊治療
  • 生殖補助医療 (ART)
  • 不妊治療に関する費用

一般不妊治療

タイミング治療
排卵日を予測してその日に性行為を行うことで、排卵と性行為のタイミングを一致させる方法です。 自然に妊娠する可能性が高くなります。
排卵誘発
排卵が正常に行われていないことが判明した場合に、薬で排卵をコントロールする治療法です。 薬物は内服薬から注射まで、さまざまな種類があります。
ホルモン療法
ホルモン剤を投与することで、月経周期を整え自然に妊娠しやすくなるように促す治療法です。 妊娠をつかさどるさまざまなホルモンのバランスを整えることが目的です。
漢方医療
不妊症の多くの症状を改善する効果がある、漢方薬を処方して行う治療法です。 原因がはっきりしない場合でも行えるため、広く実施されています。

ページ上部へ戻る

生殖補助医療 (ART)

人工授精
精子を子宮の中に直接注入して、受精を促す治療法です。排卵日を狙って行うことで、受精する確率を高めることができます。
タイミング治療
排卵日を予測してその日に性行為を行うことで、排卵と性行為のタイミングを一致させる方法です。 自然に妊娠する可能性が高くなります。
体外受精ー胚移植法(IVF-ET)
卵子と精子を体外で人為的に受精させて、受精卵が胚になったところで子宮に移す方法です。 人工授精でも効果がない場合によく行われます。
顕微授精(ICSI)
顕微鏡下で1個の卵子の中に1個の精子を直接注入して受精させて、子宮に移す方法です。精子の運動率の低いケースや精子の少ないケースに行います。
精子・胚凍結
体外受精等で精子や胚を、液体窒素で凍結させて保存しておくことです。特に胚凍結は、子宮着床障害の治療等にも活用することができます。
凍結胚移植
凍結保存しておいた胚を解凍して、子宮に移すことです。ただ移すだけではなく、子宮の中やホルモンの条件を整えてから行うことが一般的です。
アシステッドハッチング(孵化補助)
胚を子宮に移す前に、胚の透明帯を薄くしておいたり破っておいたりして、 子宮の中で着床が成功する確率を上げる方法です。

ページ上部へ戻る

不妊治療に関する費用

排卵+培養+胚移植

200,000円〜

顕微授精

50,000円

胚盤胞培養

30,000円

全胚凍結

180,000円〜

凍結胚移植

100,000円〜

精子凍結

20,000円

余剰胚凍結

30,000円〜

アシステットハッチング

20,000円

SEET

20,000円

人工授精
(精子調査・エコー検査・
抗生剤含)

18,000円

感染症スクリーニングセット
(甲状腺+貧血検査)

13,000円

夫感染症

8,000円

緊急避妊

20,000円

詳しくはお問い合せください。
表示金額は税別です。

三軒茶屋ウィメンズクリニック サイトマップ