三軒茶屋ウィメンズクリニックは田園都市線世田谷区三軒茶屋にある不妊治療・体外受精(IVF)レディ—スクリニック| 未受精卵子凍結

未受精卵子凍結

三軒茶屋ウィメンズクリニック

卵子凍結(未受精卵子凍結)

 卵子凍結とは、女性の卵巣から卵子を体外に取り出し、凍結し、保管することです。
妊娠するには、卵子と精子が受精することが第1条件ですが、受精していない、卵子のみを凍結保存することを未受精卵子凍結と言います。

卵子凍結の適応について

日本生殖医学会において、「未受精卵子、あるいは卵巣組織の凍結・保存のガイドライン」があります。
当院では、そのガイドラインに基づき、社会的適応による未受精卵子凍結・保管が可能です。

以下抜粋
  1. 加齢等の要因により、性腺機能の低下をきたす可能性を懸念する場合には、未受精卵子あるいは卵巣組織(以下未受精卵子等)という)を凍結保存することができる。
  2. 凍結・保存の対象者は成人した女性で、未受精卵子等の採卵時の年齢は、40歳以上は推奨できないまた、凍結した未受精卵子等の使用時の年齢は、45歳以上は推奨しない。
  3. 本人の同意に基づき、未受精卵子等を凍結・保存することができる。
  4. 実施にあたっては、口頭及び文書を用いて、未受精卵子等の採取・凍結・保存や凍結された未受精卵子等による生殖補助医療(顕微授精)について十分に説明し、本人の同意を得るインフォームドコンセント(IC)を実施しなければならない。
  5. 未受精卵子等は本人から破棄の意志が表明されるか、本人が死亡した場合、は直ちに破棄する。
    また、本人の生殖可能年齢を過ぎた場合は、通知の上で破棄することができる。
  6. 未受精卵子等は、本人の生殖以外の目的で使用することはできない。
2013年11月15日
一般社団法人日本生殖医学会
倫理委員会報告

卵子凍結の基本的な流れ

  1. 排卵誘発
    いくつかの排卵誘発の方法があり、医師の診察、指導のもと、ご希望や体調に合わせて選択します。

    • (1)排卵誘発方法
      • ①自然周期:自然周期もしくは内服薬のみで、1個か2個の採卵を目指します。
      • ②調節卵巣刺激法:内服薬及び注射薬により、複数個の採卵を目指します。
    • (2)排卵誘発方法の一例
      月経3日目から内服薬と注射薬を数日、すなわち数回投与し、採卵の日を迎えます。
      成熟した卵子を得るため、女性の状態によって薬の量や投与回数が異なってきます。
  2. 採卵 注1)注2)注3)
    • (1)経膣超音波の機器(プローブ)に沿って採卵針を使い、卵子と共に卵胞液を吸引します
    • (2)当院では全身麻酔により採卵を行います(日帰り)
      • 注1)卵子凍結とは別に、採卵の同意書が必要です
      • 注2)採卵時の年齢は、原則、ガイドラインが推奨する年齢までといたします
      • 注3)採卵した卵子の状態により、凍結に適さない場合があります
  3. 凍結保存
    • (1)ガラス化法という方法で、成熟した卵子のみを凍結します。
    • (2)1年ごとに保管の更新料が発生します。
  4. 保管期間
    ガイドラインで推奨される期間、すなわち卵子凍結した女性が、45歳に至るまで、凍結保管いたします。

料金について(税抜)

各種検査(感染症検査、ホルモン検査等含む) 約3万円
採卵までの排卵誘発の費用(内服薬、注射薬、経膣超音波検査等含む) 約3万円
採卵費用(採卵個数は問わず) 約20万円
卵子凍結 約3万円
凍結延長費用(1年ごと) 卵子1個ごとに2万円

尚、料金は社会的事情等により、予告なく変更となる場合がございます。
予め、ご了承ください

その他留意点

  1. 将来、凍結していた卵子を使って妊娠を目指す場合、ご本人の同意は勿論、提供精子の方の同意のもとで、体外受精(顕微授精)となります。
  2. 凍結延長の手続きに関して、原則当院からの連絡は致しません。
  3. 凍結した卵子は、ガイドラインに基づき、保管・廃棄いたします。転居された場合はお知らせください。
  4. 災害などの不可抗力により卵子の損傷や損失が生じた場合、当院では一切保証はございません。