三軒茶屋ウィメンズクリニックは田園都市線世田谷区三軒茶屋にある不妊治療・体外受精(IVF)レディ—スクリニック| 排卵誘発剤 その6

ナースコラム コウノトリの質問箱

不妊治療の不安や疑問など、実際にご質問いただいた事例を
Q&Aにしてご紹介いたします。

記事一覧

テーマ
排卵誘発剤 その6
(2018.9月)
不妊治療で通院を始めて間もないのですが、自分たちでタイミングをとり、ゆうに1年以上たっているので、医師からクロミッドの説明をうけました。ただ、心配なのは、もともと頭痛もちで、市販のロキソニンを常備している状態です。クロミッドと一緒に飲んで大丈夫でしょうか? 
(I代 30代)
 結論から申しますと、クロミッドと頭痛薬は一緒に飲んでかまいません。単発で、1回や1日分などの内服であれば、問題ないです。
 クロミッドは、卵胞発育させるホルモンを出すよう、脳に働きかけるお薬です。(HP参照)生理の5日目から、1,2錠を5日間だけ内服しますが、ロキソニンやボルタレン等の鎮痛薬、市販の風邪薬などを合わせて飲んでも問題ありません。むしろ、これからタイミングをとるのですから、少しでも痛みや苦痛を軽くすることは大切です。ただし、もし、何度も起こる頭痛であれば、妊娠してからはもっとお薬に悩むでしょうから、大きな病気が潜んでいないか、専門施設で診てもらうことをお勧めします。