三軒茶屋ウィメンズクリニックは田園都市線世田谷区三軒茶屋にある不妊治療・体外受精(IVF)レディ—スクリニック| はじめての「妊活」にかかる費用

ナースコラム コウノトリの質問箱

不妊治療の不安や疑問など、実際にご質問いただいた事例を
Q&Aにしてご紹介いたします。

記事一覧

テーマ
はじめての「妊活」にかかる費用
(2020.6月)
アプリや排卵検査薬など使ってタイミングとっていますが、全く妊娠しません。いよいよ病院へ行ってちゃんと検査したほうがいいと思って【はじめての妊活セミナー】に参加しました。一日で終わると思っていた検査は、何回か受診が必要とわかりました。
妊活にはお金がかかると聞いています。いくら位、必要ですか?
(N美 20代)
妊活のための検査ですが、当院では、保険診療と自費診療とがございます。
初診で、一度にできる検査を網羅した場合、約3万円弱となりますが、月経周期で、
いつ受診するかにもよります。つまり、N美さまも、【はじめての妊活セミナー】で
理解されたように、妊活のための検査は、月経周期で、できる検査が決まってくるからです。

例えば、排卵を予測するための経膣超音波は、自費だと1回1100円(税抜き)ですが、保険だと、もっと安くなります。
ホームページにも一部掲載してありますが、初診の際に、大凡の料金表をお渡ししています。

N美さまの妊娠に向けて、当院でお手伝いできることがきっとあると思いますので、ぜひ一度、受診して頂けたら幸いです。