保険適応による不妊治療 | 世田谷 不妊治療 三軒茶屋ウィメンズクリニック

三軒茶屋ウィメンズクリニックは田園都市線世田谷区の三軒茶屋の駅近にある不妊治療レディ—スクリニック19時まで受付| 保険適応による不妊治療

ナースコラム コウノトリの質問箱

不妊治療の不安や疑問など、実際にご質問いただいた事例を
Q&Aにしてご紹介いたします。

記事一覧へ

セミナー保険妊活
保険適応による不妊治療
(2022.8月)
『はじめての妊活セミナー』でもよく聞かれますが、4月からの不妊治療の保険適応に伴い、費用に関する質問がよくあります。

保険適応になったと聞きますが、妊活をはじめると、どのくらいの費用がかかりますか?
これから本格的に受診をして、妊活をはじめようとしています。費用はどの位かかりますか?
4月から保険適応になったのは、人工授精と、体外授精、その二つの治療に関わる薬や一部の検査です。例えば、当院の例でいうと、従来、人工授精が約3万円であったのに対し、現行ですと約8千円です。体外授精に関しても、従来、50万円から60万円位でしたが、現行、排卵誘発から採卵までで、約20万円、胚移植の治療ではおよそ8万円位です。

当院の場合、精液検査や経膣超音波、女性ホルモン検査等はもともと保険診療でした。未だに自費の検査は、各種肝炎、梅毒、HIV、クラミジア、AMH等、いわゆる、妊活をはじめる時に、最初に調べておきたい項目です。(AMHは、体外授精の場合に保険適応)

東京都では不妊検査の助成金という制度があり、保険、自費に関わらず、検査費用の上限5万円がもどってきます。妊活のための検査は1日では終わらないし、男性の検査も必要ですので、何度か受診することになるでしょう。これから検査をとお考えの場合、いくつか検査を合算しておよそ5万円という目安で良いと思います。

監修

宇佐美 恵子
宇佐美 恵子不妊症看護認定看護師
子どもを欲しいと願う女性やカップルのパワーに魅せられて、助産師から不妊症看護認定看護師の資格を取得しました。長年の経験を生かし、患者さまの検査やサポートと、お悩みやご相談にも対応したいと考えております。よろしくお願いいたします


●妊活セミナーはこちら