三軒茶屋ウィメンズクリニックは田園都市線世田谷区三軒茶屋にある不妊治療・体外受精(IVF)レディ—スクリニック| 18年12月

三軒茶屋ウィメンズクリニックは田園都市線世田谷区三軒茶屋にある不妊治療レディ—スクリニックです。
スタッフの目線で当院のご紹介をいたします。

2018年12月一覧

レーザーアシステッドハッチング

2018-12-26 テーマ:

こんにちは。培養室です。

今年も残りわずかですねあせる

 

今日はレーザーアシステッドハッチングについてのお話ですイナズマ

 

受精卵は透明帯という膜に覆われています。

分裂が進み胚盤胞へと成長すると、受精卵の内部に水分が蓄えられ内腔が膨らみ、透明帯は引き伸ばされ薄くなります。

さらに成長すると透明帯に亀裂が生じハッチング(孵化)し、子宮に着床します。

 

アシステッドハッチングとは、透明帯が厚い、硬いなどが原因でハッチング障害を起こす可能性がある場合に、透明帯の一部を切開し、子宮に着床しやすくするように補助をすることです。

 

当院では、操作時間が短く、精度や安全性の高いSaturn5レーザーシステムを使用し、アシステッドハッチングを実施しています。

ただし、受精卵の状態によっては他の方法を選択することもあり、オーダーメードでアシステッドハッチングを行っています。

レーザー前              レーザー後

 

回復培養後

 

—–

> この記事を読む

やっぱりサッカー好きなんですよ。

2018-12-17 テーマ:

先日、家族がゆかりある東京ヴェルディが、J1復帰をかけたFC横浜戦を観戦してきました。

ニッパツ三ツ沢競技場は初めてだったのですが、噂どおりピッチが近くて選手の声や、動きが間近で、なかなか良かったでした。

予想を覆してヴェルディが勝ち上がってきたので、チケットがとれず、やむをえず、横浜側での観戦でした。

というわけで、ついヴェルディのチャンスが来るたびに、(FC横浜にしてみればピンチなのに「あ!」とか、「う!」とか

声を出してしまい、なるべく静かに、動かないようにと、おかしな緊張の中の応援でした。

 

とはいえ、ゴールはなんと、後半ロスタイム。

コーナーキックから、敵地に上がっていたヴェルディキーパーのゴールを狙ったヘッドから、こぼれ玉押し込みという、

ドラマチックな勝利でした。

 

欲を言えば、緑のサポーターと一緒に盛り上がれなかったのが残念でしたが、大、大満足でした。

天気予報も外れてめちゃ冷えでしたし、アウエイだったり、ちょっときつかったですが、

勝利をリアルに共有できたし、久々にヴェルディの試合を見れて、良かったです。

 

試合には出ていませんでしたが、三浦カズ選手も間近で見れました。

 

残念ながら決勝ではジュビロにやぶれ、ヴェルディのJ1復帰はなかったですが、今後に期待し、

また、機会あればサッカー応援に行きたいと思います。

—–

> この記事を読む